FDMY 防災ユースフォーラム


防災は実践!地震に備える(第五回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

伊藤英司(公益財団法人市民防災研究所研究員)

(4)家族で安否確認方法を確認

 地震が起きたとき、必ずしも家族が一緒であるとは限りません。家族がばらばらの時間に地震が起きれば、まず、家族の安否が一番の心配ごとでしょう。どのように安否確認をするか、家族で話し合っておきましょう。

続きを読む »

コメントする

防災は実践!地震に備える(第四回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

伊藤英司(公益財団法人市民防災研究所研究員)

 わが家の防災訓練を行うには、まず準備が必要です。準備はすなわち「備え」ですから、準備はしっかりと行う必要があります。

(1)家族の理解を

 訓練を行うためには、まず家族の理解を得ることからはじまります。実はここが大きなハードルで、ご主人が提案しても、奥さまが拒否する可能性もあるでしょう。そういう筆者も結婚1年目に提案したときは「訓練当日は仕事から帰らない」と言われたこともありました。夫婦関係に“ヒビ”が入らないように…。

続きを読む »

コメントする

防災は実践!地震に備える(第三回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

伊藤英司(公益財団法人市民防災研究所研究員)

 私たちは、防災だけを考え日々生活をしているわけではありません。防災のことよりも重要なこと、考えなければいけないことがたくさんあります。しかしながら、私たちの命の危機にさらす要因の一つが「災害」です。楽しいことばかり考えていても、災害で命を落としてしまってはもう何もできなくなってしまうのです。

続きを読む »

コメントする

防災は実践!地震に備える(第二回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

伊藤英司(公益財団法人市民防災研究所研究員)

◇基本的な備えを着実に実行を

 防災対策は、性別や年齢、居住地域、世帯構成など様々な事柄によって個々に必要な対策は異なります。例えば津波が来る地域に住んでいるかどうか、また、高齢者や乳幼児など災害時に手助けが必要な人と同居しているかどうかによっても対策は異なってきます。
 ただ、各人が共通して備えるべき対策があり、それ以上のことはそれぞれが必要に応じてカスタマイズして備えていくことが大切です。

続きを読む »

コメントする

防災は実践!地震に備える(第一回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

伊藤英司(公益財団法人市民防災研究所研究員)

 私の連載では「備え」の重要性を改めてみなさんにお伝えし、私が提唱する「わが家の防災訓練」について紹介する予定です。

続きを読む »

コメントする

  

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。