FDMY 防災ユースフォーラム


震災関連死 2千人を超える、助かったはずの命(第七回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

加納佑一(東京都社会福祉協議会)

◆震災関連死の対策はいかにあるべきか(その2)
 震災関連死の対策は、前回の通り、要援護者の避難生活環境を整えるために福祉施設等を活用していくことが第一と考えられます。しかし、そのためには、それに付随する様々な対応を事前に考えておく必要があります。

続きを読む »

コメントする

震災関連死 2千人を超える、助かったはずの命(第六回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

加納佑一(東京都社会福祉協議会)

◆震災関連死の対策はいかにあるべきか(その1)
 さて、これまで震災関連死の定義や認定の方法、また、阪神・淡路大震災から東日本大震災までの過去の災害における震災関連死の現状を見てきました。
 隠れた大災害とも言えるこの震災関連死をどのようにしたら防ぐことができるのでしょうか。

続きを読む »

コメントする

震災関連死 2千人を超える、助かったはずの命(第五回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

加納佑一(東京都社会福祉協議会)

●福島では原発事故による長距離避難で震災関連死が増大
東日本大震災における震災関連死の要因を県別に見てみると、大きな違いが見て取れます。その一つが「避難所等への移動中の肉体・精神的疲労」です。この要因による死者は、岩手県・宮城県では21人と、3%程度に過ぎませんが、福島県においては380人、29.5%となっています(表1)。この要因による死者が福島県で突出して多い理由は、原発事故により、自宅や施設にいられなくなってしまった人々が劣悪な環境の中、長距離・長時間の避難を強いられたためです。

続きを読む »

コメントする

  

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。