FDMY 防災ユースフォーラム


震災関連死 2千人を超える、助かったはずの命(第四回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

加納佑一(東京都社会福祉協議会)

今回は、東日本大震災で発生した震災関連死の現状を見ていきたいと思います。東日本大震災では、以下に見るように非常に多くの震災関連死を発生させてしまいましたが、復興庁にて震災関連死の数を把握し、また、「震災関連死に関する検討会」を立ち上げ、震災関連死の要因や対策等について検討を行っている点は、過去の災害と比べ、一歩前進したと言って良いと思います。

続きを読む »

コメントする

震災関連死 2千人を超える、助かったはずの命(第三回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

加納 佑一(東京都社会福祉協議会)

今回は震災関連死について、阪神・淡路大震災と新潟県中越地震の状況を振り返ってみたいと思います。

●インフルエンザで関連死が増大-阪神・淡路大震災
 阪神・淡路大震災の震災関連死者数は兵庫県内で919人。兵庫県での全死者数が6402人ですので、関連死の割合は、実に14.35%となります(注1)。「想像していた以上に多い」というのが率直な感想ではないでしょうか。
続きを読む »

コメントする

震災関連死 2千人を超える、助かったはずの命(第二回)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

加納 佑一(東京都社会福祉協議会)

●震災関連死の定義
 震災関連死とは、そもそも何でしょうか。実は、国が定義しているものがあります。消防庁によれば、震災関連死は「災害発生後疾病により死亡した者の内、その疾病の発生原因や疾病を著しく悪化させた事について、災害と相当の因果関係があるとして関係市町で災害による死者とした者」とされています(注1)。…長いですね。単純に言えば、震災が原因で体調が悪化したりして亡くなった方ということです。
 震災関連死として認定されると、災害弔慰金の支給対象となるので、遺族にとっては、とても大きな問題です。

続きを読む »

コメントする

  

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。