FDMY 防災ユースフォーラム


内閣府から発表された被害想定結果について(その①:従来の被害想定との違い)

投稿者: kurata, カテゴリー: RENSAI✕BOUSAI

倉田 和己(防災ユース幹事/名古屋大学減災連携研究センター助教)

 2012年8月29日に、内閣府から「南海トラフ巨大地震の被害想定について」という報告が発表されました。すでにニュースや新聞などで「死者最大32万人」という数字をご覧の方も多いと思います。ここでは、この被害想定について基本的な内容を確認すると共に、「防災関係者として一般市民にこの情報をどう伝えるか」という目線で考えてみたいと思います。

 国が行う被害想定は、国や地方自治体が対策を考えるための基礎資料となると共に、国民に対策の必要性を周知するためのものである、とされています。今回発表になった被害想定も例外ではありません。今回の結果がこれ程注目されるのは、従来の想定(内閣府は2003年にも南海トラフ巨大地震の被害想定を行なっています)よりも圧倒的に数字が大きくなっているためです(表1)。この差はどこから来たのでしょうか。最も大きな要因は、南海トラフ巨大地震で想定される震源域が見直されたことです(図1)。震源域とは、プレート境界型地震において「ずれ動く領域」の事です。2011年の東北地方太平洋沖地震では、震源域がこれまでの科学では十分に分かっていなかった領域にまで広く及び、極めて巨大な津波を発生させました。そこで、もしも南海トラフの巨大地震において、従来の被害想定で考えているよりも広い領域が震源域となった場合どうなるか、という観点で行われたのが、今回の被害想定なのです。

表1 被害想定結果の比較(2003年と2012年 出典:内閣府) ※クリックで拡大

図1 震源域の想定(黄色:従来の想定/黒+紫:今回の想定 出典:内閣府) ※クリックで拡大

 重要なのは、決して従来の想定が間違いで、今回の想定が正解であるというわけではないという事です。従来の想定も、今回の想定もそれぞれ「科学的に想定しうる可能性の一つ」を示しているにすぎません。どちらの想定がより可能性が高いのか?と思われるかもしれませんが、それは現在の科学では「よく分かっていない」のです。私たちはそういう前提で被害想定の結果を受け止め、被害を減らすための対策に結び付けなければなりません。(続く)

<参考文献>
内閣府:防災情報のページ
南海トラフの巨大地震に関する津波高、浸水域、被害想定の公表について
http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info.html


この記事に関連しているかも知れない記事:

コメントする

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。