FDMY 防災ユースフォーラム


第9回防災ユースフォーラム:延期させて頂きます。

投稿者: kurata, カテゴリー: 防災ユース

防災ユースフォーラム幹事、倉田です。
お世話になっております。

2011年3月26日(土)〜27日(日)に予定しておりました
第9回防災ユースフォーラムですが、先日運営スタッフで協議の上
延期を決定させて頂きました。

お申し込みを頂いたみなさま、準備に当たってご協力頂きましたみなさま
多くの方々にご迷惑をおかけすること、お詫び申し上げます。
誠に申し訳ございません。
延期の理由は次の通りです。

1.【ユースフォーラムのコンテンツである「人」が十分そろわない】
現状では、関東以北は当然、静岡地方から名古屋への移動も
リスクを伴う行動と考えられます。
復路の途中で、自分の拠点に帰れなくなるというリスクも含みます。
この状態は今後しばらく続くと思われます。
また、講師をお願いしている防災のプロフェッショナルの方々は
現在必死に対応されているはずで、常識的に考えて講師をお願いできる
状況ではありません。
よって、参加者・講師とも大幅に「人」が減ることは避けられません。

2.【第9回防災ユースフォーラムのテーマを実現できない】
1の理由により、第9回のメインテーマ「防災とマイノリティ」のコンセプトを
予定通りに実現することが不可能になりました。
このテーマ「防災とマイノリティ」は名大の大学院生である鬼頭くんが提案し、
防災ユース幹事の倉田がそれに同調することによって
二人が両輪となって第9回防災ユースを牽引して参りました。
今回コンセプトを大幅変更し、たとえば「今回の地震への対応」などの
フォーラムを開くことも考えました。

しかし、これは私倉田の私見になりますが、
学生が自らの興味と意欲によって運営・実施するのが防災ユースの良さです。
そして「防災とマイノリティ」というテーマは中途半端で終わらせるべき
ものではないと考えております。
そのため延期という措置をとってでも、テーマを守るべきと判断いたしました。

3.【若者一人一人に、今できることをやってもらいたい】
フォーラム実施には、準備期間を含め多くの人のパワーが必要となります。
果たして今、そのパワーを、フォーラムに使うのが最善策でしょうか。
大変に悩みましたが、若者には各地域で、地域のために、そしてもちろん
被災地のために、今出来ることに力を注いで欲しいとの想いに至りました。

第9回防災ユースフォーラムは「中止」ではなく「延期」とする所存です。
今回準備してきた物は、改めてみなさまと共有したいと思っております。
実施時期は未定ですが、このWebサイト他で広報して参りますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

また、この場を借りてお知らせです。
第9回防災ユースフォーラムと同日に開催予定の下記イベントは
内容を大幅に変更し、3月26日(土)に「実施されます」。
http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/ (減災連携研究センターシンポジウム)

今回の震災について、名古屋の専門家が集い、今私たちに出来ること
私たちが自分を守るために備えるべきことについて議論されるようです。
もしも当日お時間があるようでしたら、ご参加ください。
私倉田も参加いたします。
ただし、遠方の方は決して無理をなさらず、ご自身と周囲の方の生活を
最優先させて頂くよう、重ねてお願い申し上げます。


この記事に関連しているかも知れない記事:

コメント(1)

  1. 第9回防災ユースフォーラム、リリース!

    […] 【重要】延期となりました。詳しくはこちらの記事を参照ください […]

コメントする

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。