FDMY 防災ユースフォーラム


「小千谷から」読了と渥美先生の講義、で考えた事:その1

投稿者: kurata, カテゴリー: 防災・災害

先日、ずーっと「積ん読」だった「小千谷から」を読みました。
参考:小千谷から
書籍:amazon

購入したのは多分、2年ぐらい前だったかと(汗
そのとき数ページ読んで、なんとなく受け入れることができず
ずっと本棚の肥やしにしていたのでした。

「小千谷から」は、新潟県中越地震で被災した主婦の方が綴った被災体験のブログが
書籍化されたもので、被災生活の苦労、自身や家族との葛藤、地域の復興の様子などが描かれている
ノンフィクションの記録です。

あれやこれやの2年間で、倉田も家庭を持ち、人として成熟しやさぐれていくにつれ、
書かれている内容が、決して他人事でないと、実感できるようになりました。
以前は頭ではわかっていたつもりだけど、その気持ちに共感できなかった。

読後、特に印象に残ったのは、
田舎の人は、自分の地域をとても愛しているのだなあ、ということです。
(注:悪い意味で田舎と申し上げるつもりはありません、倉田は田舎が大好きです)
自分の住む地域がダメージを受けることが、身内が傷ついた事のように悲しいし、
同じように、地域が復興していく様子が、心からうれしく感じられるのだなあ、と思いました。
この感覚は、田舎で暮らした事のない人には、なかなかわからないのかな。

恥ずかしながら、大学時代の倉田は、
「なんで中山間地に人が住んでいるんだろう?」と思っていました。
しょっちゅう崖崩れや河川の反乱に悩まされてまで、住む価値があるのか?
復旧・復興の費用で引っ越ししてしまったらいいのではないか。
そうすればもう同じ災害に遭う事はない、その方が長期的には幸せに違いない。
なんて、多少本気で考えた事もありました。
でも、そうじゃないんですよね。

この地域があるからこそ、自分たちが居る、と考える人たちが居る。
そして、そうした自然豊かな地域からの恩恵を受けて、都会で暮らす人が居る。
日本人は、災害も含めた自然現象・森羅万象から、その恵みを享受し、歴史を紡いできました。
災害から逃れるために、自然との共生を諦めようとする事は(そんな事はできもしないのですが)
日本人である事を諦める事になるのではないでしょうか?なんて思っています。
(多少大げさかも。。。汗)

とはいえ、とはいえ、ここでジレンマです。
自然環境と社会環境の変化に伴い、今後大きな災害は益々増えていくに違い有りません。
今世紀前半に発生が予測される、数々の巨大地震も控えています。
災害からのリカバーを向上させるだけでは、どう考えても持たない。
国民全体で、自然災害による被害の軽減を考えないといけない時です。

はてさて、どうしたものか。
なんだか一体、何を解決すればよい問題なのかよくわからなくなってきました。
長くなったので、続きは次のポストに。


この記事に関連しているかも知れない記事:

コメントする

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。