FDMY 防災ユースフォーラム


第8回防災ユースフォーラム:その3〜フィールドワーク

投稿者: kurata, カテゴリー: 防災ユース

ごごからは会場を飛び出して、グループ毎にフィールドワーク!
都内を駆け回り、災害や防災のヒントを探し出します。
の前に、腹ごなしも重要・・・

よっしゃ、ご飯行こうぜ〜!

メニューを選ぶ目は、何よりも真剣です。

うへへ、いただきま〜す!

電車に乗って、それぞれのフィールドへ。

倉田は渡辺さんをリーダーとする、お台場コースに参加しました。

旧新橋停車場跡を見学。

巨大都市東京は、めまぐるしい速度で変化し続けているのです。

ウォーキングの後、ゆりかもめにのってお台場へ!

科学みらい館に到着!

科学みらい館のページ

こんな内観。

いろんな科学技術が、「おもしろく」紹介されています。

語弊が有るかも知れませんが、「防災」という視点だけで見るにはあまりに勿体ない!個人的に再度、ゆっくり見に来ようと決めました。

特別展示による企画展「‘おいしく、食べる’の科学展」

特別展示の詳細はこちら

「美味しく」「安全に」「末永く」・・・食は最近個人的に注目しているテーマの一つです。

スルメとフリーズドライの烏賊は、どうちがう?匂いがちがう!

食糧問題を、ミドリムシの力で解決する!?

ちなみに、お土産にミドリムシクッキー買いました。

「食べる」事も「生きる」という大きな枠組みの中で、「防災・減災」と繋がりがあると思っています。防災は防災だけでは成り立たない(成し得ない)と考えます。

つづいて「みなと館」へ。お台場の全容を初めて(ちょっと)理解できました。

みなと館のページ

お台場沿岸の景色を見るといつも複雑な気分になります。この島々は、沢山の人の夢や希望を載せて、海に浮いている。でも、載せている物の重さに対して、あまりに儚げだと思いませんか?(もちろん安全上の様々な配慮はあるのでしょうけど)人間が色々な無理を押して作り上げたこの景色が、ふとしたきっかけで一瞬にして崩れてしまう、そんな悪いイメージがどうしても浮かんでしまうのです。

なお、倉田の参加した「お台場コース」の他に、
・下町と荒川流域を巡る「荒川コース」
・地域コミュニティを巡る「早稲田コース」
がありました。


この記事に関連しているかも知れない記事:

コメントする

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。