FDMY 防災ユースフォーラム


夢や想いを言葉にする

投稿者: kurata, カテゴリー: 倉田ログ

ゆとりを無くしつつ、モチベーションを無くしつつ、
気付けば一月余り新規に記事を書いていなかったりしました。
こうしてみると、「1ヶ月間何やってたんだ!?」って思えてしまいます。
(実際には色々バタバタしていたのだけれど)とても勿体ない、損した気分に。。。
やっぱり、思ったことや感じたことを形にしておくのは、
自分のためにも必要なんだよなぁ。と感じる次第。

ここで再整理しておきます。
「何のためにこのサイトを始めようと思ったのか」

自分の外側へ向けた理由としては、、、
いいサイトを作れば、それを必要とする人が必ずいるはずだ!という想い。
具体的には南信辺りに、とっても具体的なユーザが居るはずだ。
よしがんばろう!という単純な動機。
(単純だけど、生物的にプリミティブな動機はなかなか挫けないと思います)

自分の内側へ向けての理由もあって、
自分がやりたいことを実現するために、それを逐次言葉にしていこう!という想い。
言葉って侮れない。と最近感じています。
「言葉」にした「意志」は、繰り返すうち次第に実現されていく。
それが、ポジティブであれ、ネガティブであれ。
例えば、毎日「俺は駄目な奴だ」ってぼやいてたら本当に駄目になってきちゃう。
毎日「○○が欲しいなぁ」と呟いていたら、ある日オークションで発見したりもする(笑)

もちろん、頭の中に漂うファジィな感覚を言葉にするのはとても難しいけど、だからこそ、
常に、かつ、繰り返し、「それ」をアウトプットすることで
「それ」の内容は徐々に洗練されていくんじゃないでしょうか。

とりあえず自分がやりたいサイトのイメージ、夢。
・会社で今やっているWebプロジェクトの若者防災版
・若者が、防災というドメインにおける新しい価値観を持ち、実世界でアクションを起こす事を支援するサイト

その上で自分自身が得られると思われる物。
・仲間内と業界内でのアイデンティティの獲得
・夢、野望の具現化と実現へアプローチするための基盤
・すなわち自分自信も、サイト作りを通じて防災に新しい価値観を見出し、新しいアクションを起こす


この記事に関連しているかも知れない記事:

コメントする

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。