FDMY 防災ユースフォーラム


防災ユースについて:岩崎広志さん(防災ユースフォーラム代表)

投稿者: kurata, カテゴリー: 防災ユース

防災ユースの代表兼、代表取締役?部長?宴会部長?本部長?でもある
見た目も重鎮っぽい岩崎広志さんにインタビュー!

———岩崎さんにとって防災ユースとは?

岩崎:縁あって集まった仲間たち、かな。
   物理的には離れているけど信頼できるチームというか。

倉田:縁、というのはその通りかも知れないですね。
   たまたま気の合うやつらが、たまたま出会って、たまたま活動したら楽しかった。
   ただ、防災とか災害救援って、広いようで狭い業界なので、
   縁がなくても、遅かれ早かれ出会っていたのかも知れないですけど。

———岩崎さんにとって、ユースの位置づけとは?

倉田:岩崎さんは防災ユース以外にも、いろんなプロジェクトに首を突っ込んでいます。
   突っ込みすぎて、何本首があっても足りないんじゃないですか?
   他のプロジェクトと、防災ユースとの位置関係みたいな物って認識してますか?

岩崎:首は一本しかないからいいんですよ(笑)
   そんなに沢山のプロジェクトをやっているつもりも無いですし。
   ユースはボランティア活動について考える時に立ち返る原点?かな。
   ボランティア活動が職業になった自分にとっては、
   ユースは純粋に世の中にとって大事だと思う事を、自分も学びながら楽しめる活動かな。
   まぁ仕事はたまっているので正直きつい事も。

倉田:そういえば、出会ってから今までで、仕事がたまっていなかった日は有りませんね(笑)

———今後、ユースをどのように発展させていきたいか

岩崎:ユースをどうする、というよりも、もっとたくさんの人が防災について
   触れてもらう、考えてもらう機会を増やしていきたい。
   そうすればきっとユースの仲間も自然と増えるだろうし、
   自分たちも楽しく活動を続けていけると思う。

倉田:同意です。
   ちょっと真面目に考えるきっかけを作って、ちょっと社会の役に立って
   そして大いに楽しめる活動にしたいですね。

岩崎:ボランティア活動って、社会の役に立つ「だけ」じゃ駄目だと思うんです。
   やった人が充実感を持てないといけない。
   だから常時がむしゃらに頑張るのではなくて、細く長く楽しめる事が大事だと思うんですよね。
   ユースはその点比較的うまくいっているなぁ、と自分では感じています。
   ただ、最近は学生だったメンバーが社会人化して、ユース全体が落ち着いてきているので、
   元気な学生の参加による刺激を期待しますね。

———当サイトを見ているユーザに一言。

岩崎:専門家じゃなくてもふらっと参加できるのが防災ユースフォーラム。
   飲み会だけ、的なのりでも構わないのでまずはお気軽にご参加を!

倉田:そうして首を突っ込むうちに深入りして、誰かさんみたいに首が回らなくなる(笑)

岩崎さんは防災ユースの創設時から、前向きな提案と比類無き貫禄で皆を引っ張る
大黒柱的な存在です。
世界中を飛び回る多忙な存在ですが、ユースのイベントでは
後ろの方でバリバリ事務をこなしている姿を確認することが出来ます。


この記事に関連しているかも知れない記事:

コメントする

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。