FDMY 防災ユースフォーラム


武士は食わねど?

投稿者: kurata, カテゴリー: 防災・災害

うーん。これはきつい。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1391165.html

防災とか災害救援とか、とくに命に直結するようなテーマだと、
そこに関わる人の想いの問題は、まあ、すげえデリケートだわな。
スレの中で「想像力が足りない」という意見があった。

たとえば、無事に鶴を現地に送ることが出来たとして、「その後」どうしたら良いのか?

ただ送る事が目標なのだろうか。
送ってどうなったか、其れを確かめることはしないのだろうか。
そもそも現地にちゃんと届いたのだろうか。どこの誰に届いたのだろうか。
現地の人に想いは届いただろうか。元気になってくれただろうか。
鶴を受け取った人は、その後生きただろうか、死んだだろうか。
そんなことを考えるのは、不純なのだろうか。

なんとなく、「エコバッグは本当にエコか」を思い出した。
被災地の人を元気づけたいという想いは大事だし、立派だと思う。
でも、鶴を送って自分の中で「解決」してしまったら、それはちょっと違うのではないか。


この記事に関連しているかも知れない記事:

コメントする

東日本大震災現地報告会(2011年3月27日)

東日本大震災現地報告会を実施いたしました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の情報を発信しています(随時更新中)

防災啓発活動


「遊んで学ぶ!地震に強い建物」として、耐震啓発活動に関わらせていただいています(管理人倉田のプロジェクト)。

中国・四川大地震報告会


防災ユース、市民防災研究所、防災サークルFREGが共同で行った、若者による四川大地震の報告会レポートです。

防災ユースパンフレット


防災ユースの活動紹介パンフレット、2011年版です。

防災ユース関連本


倉田ほか、防災ユース関係者も記事を書かせていただきました。